主婦のひとりごと

このところ疲れが抜けなくて
ミシンやるほどテンションもあがらず、水通しした生地だけがたまっていき
それを見てまたテンションが下がる始末。

こういうときに無理して何か作ると絶対失敗するので
今はちとお休み。

夜もすまいるが寝たら起きてブログ書こうとか
いろいろたまった雑務をやんなきゃと思うのだけど起きられない。
寝てしまう。


とにかくなんだかんだと忙しい。
家事、育児、それだけで1日終わってしまうのねん。

ミシンやってた頃と何が違うのだ。
要領悪くなったかな・・・いや、だって後から後からやることばっかり。


そんなことが続いたので、考えることもネガティブ方向。


最近考えるのは
仕事してた頃が懐かしいな、ってこと。

それなりに身だしなみも整えて
ツメを伸ばしてネイルして
恋愛、自由な時間、グータラな時間、
ひとり暮らしだったから好きなことばかりできた。


もちろん出産したのは自分の選択だし、今更自由な身であった頃を懐かしんでも仕方ない。

私は自分の母親に対して
「母親は忙しくて当たり前」「母親なんだから家族の世話して当たり前」だと思っていた。

実母は性格が雑でキツク当たられることもあったけど
家事が好きで、家事や育児でつらいと思ったことはないと言う。
朝早く起きて家事や弁当作り、パートで夕方まで働いてその後も家事。
思い返すと確かに家事のことで文句言ったりしたのは聞いたことないな。
私は結構言ってしまう^^;


と話を本題に。。

今日ちょっと遠出して買い物に行ったら
会社員の方が数人でランチに向かう姿を見てうやらましくなった。

18歳の4月に社会人になって働いて、
38歳の3月に当時働いていた会社を辞めたのでちょうど20年かな。

転職を何回かしたけど、20年働いてそれなりにがんばって
28歳で(中古だけど)マンションを購入することができた。
仕事が好きで一生懸命働いたし、仕事すること以外取り柄はないと思ってたし
周りの同僚や環境に恵まれていてほんと楽しかった。


でも今は誰からも評価されず、お給料がもらえるわけでもなく
母親なんだからやって当たり前だと思われ
ただひたすらに忙しい。

出産してからは1児の母、すまいるちゃんのママ。
私が働いてきた過去なんぞ話さない限り知るはずもなく、
だた「母親」として見られる。

そんなことが「悲しい・・・」と思ってしまった。


ちょっと疲れてるな~。


でも悲しいとか虚しいと言ってる場合ではない。

私が頼るべきはパパン、守るべきはすまいる。

私はここが居場所なのだ。

ここでがんばっていかねばならんのじゃ。


余計なこと考えてないでミシンの腕を上達させないとだわ。
夢に向かってがんばるゾ。
[PR]
by mi2a | 2013-05-27 17:47 | 暮らし | Comments(4)
Commented by momo at 2013-05-29 00:03 x
私は知ってるよ。
かっこよく働いていたことも、いつもツヤツヤなキレイな髪だったことも。
結婚を選んだことに驚いたけど、迷いがなかったことも。
旦那さんをだいすきなことも、一心不乱にお弁当作ったことも。
すまいるが生まれてくれて、幸せが何倍にも増えたことも。
私は知ってるわ~
Commented by mi2a at 2013-05-29 15:42
>momoさん
★私は知ってるよ。
★私は知ってるわ~

うんうん(涙)ほんとありがとう^^
仕事上では、少しだったけどmomoちゃんとご一緒できて
よかった~^^
おかげでこうやってつながっていられて本当に感謝です☆

パパンのお弁当作り・・・懐かしい~!
あのときは尽くしてたな~(笑)

そうだね、すまいるが私を親として選んでくれたことに感謝して
今与えられたことをがんばっていくのが私の幸せなんだな。。

昔の姿に未練はあるけど、
こうして覚えていてくれる仲間がいるんだから
そのことを胸に刻んでがんばりまっす!^^
Commented by ほんみりん at 2013-05-30 12:20 x
(。 ̄▽ ̄)昔も今もかっこいいよー
Commented by mi2a at 2013-05-30 17:07
>ほんみりんちゃん
あら!そうかしら~(嬉)ありがとう!!

みりんLOVE(笑)

名前
URL
削除用パスワード
<< 靴とパジャマ 着画 >>