進級式とチロにゃの抜歯

昨日、すまいるの進級式がありました。

年少のお友達は半分違うクラスになってしまったけど、
新しいお友達との1年間も新鮮でしょう^^

今日から木曜までは休園、金曜日から慣れ保育が開始です。
しかし明日は英語の課外クラブが始まるので幼稚園に向かわねば。。

ストーンを入れる小さい巾着も今日作り、ひと安心。

最近ミシンに向かえないので、縫い縫いのモチベーションが下がっていたけど
ひと作品できるとやっぱ楽しい。。


あとは体操着袋をこさえるのみ。
年中からは園で体操着に着替えるのですが・・・朝の支度も
私がだいぶんやってしまうので、すまいるさん大丈夫かしら。


と、進級式は無事に終えたのですが~

宮崎帰省の前からぐらついていたチロにゃの犬歯。
歯ぐきの炎症(歯肉炎というか歯槽膿漏というか)は消炎剤の効果が
薄れてしまったようで、膿も腫れもひどくなってしまい
進級式の朝には相当グラグラになっていました。


なので園から帰宅後、夕方にかかりつけの動物病院に行きました。
去年の8月の時点では薬でなんとか乗り切るということにしたのですが、
昨日診てもらったら「(病院で)すぐ抜けるけどどうします??」と言われました。


獣医師さんによると、歯と歯ぐきをくっつけている接着剤のような
役目をしているものがもうないと。

ただ犬歯を抜いて体調を崩す猫もいるそうで、それを聞いたら心配になり・・・

しかしそれよりも膿が出るほどの炎症をずっと抱えてるほうが
体には悪いとな。

抜くか抜かないかかなり悩んで、結局獣医師さんに委ねて抜歯することにしました。

麻酔するから1泊するのかと思いきや、ベンチ持って
「イチ、ニ、サンッ!」と引っこ抜かれました・・・3秒で抜歯。

歯の根っこは腐っていて、自然に抜けていたかも。


チロにゃはもともと歯が悪く、前歯以外ほとんど抜歯しているので
犬歯がないことで違和感があるのか分からないけど、
食べづらいのか、食欲が若干少なくなったくらいであとは今までと変わらずです。

抜歯した部分を見ると炎症もなくなってきているようなので
これがいい選択だったと思いたいですな。


床暖房でまったり。
c0094358_234251.jpg


今日も抜歯後の様子を見せに病院でした。

すまいるは昨日同様、キャリーの中で鳴き続けるチロにゃを優しくなだめてくれました。
(ほんとは鳴き叫ぶチロにゃは苦手なのにがんばった^^)


あー、ひとますホッとしたわ026.gif
[PR]
by mi2a | 2015-04-07 23:10 | 暮らし | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 新学期 桜 >>