思い出話

一昨日の金曜日。
7年間勤めていた会社の飲み会に参加してきました。


平日だったのですまいるを連れていくつもりでしたが
パパンが有休を取ってくれたので、子守りはお任せしました。




専業主婦になる直前は某住宅メーカーに勤務していましたが
この会社はその前に勤めていた会社でした。


建築設計事務所とシステム設計を主とした会社で、
私はシステム部門のCADオペレーターとして中途で採用してもらいました。


不動産屋に勤務していたときに、夜CADのアカデミーに通っていて
住宅の図面を描きたくて仕事を探していたけど
当時は手書きが主流で、CADなんて~という時代でした。

なので1年間は機械系のCAD図面を描く会社にいて
ボルトとかドライヤー(繊維会社の生地を粉砕するでっかい機械)なんかを
CADで入力してました^^;


でもやっぱり住宅の図面を描く夢が捨てられなくて
何気なく男性向けの就職雑誌(ビーイングだったかな)を見ていたら
その会社でCADを募集していたのです。


そしてあとに勤務することになる某住宅メーカーのCAD開発部隊に
配属されて、その図面をひたすら描くことになったわけです。


出来上がったCADシステムのバグを探したり、図面を描いたり納品したり
週に数回は住宅メーカーさんに出入りしていたので
警備員さんにも顔を覚えられたりして。
社員さんにも「準社員みたいだね(笑)」なんて言われるし・・・




私はそのシステム会社が大好きでした。
大きい会社ではなかったけど、社員旅行があったり掃除当番があったり
大卒・高卒関係なく
仕事ができる人(=頑張っている人)を応援してくれて。



経営が悪化して、設計部門とシステム部門が分かれてしまったときに
SEでもない私はシステム部門には残れず設計部門に残ることに。
大好きだった上司と別れるのがつらくて、その話を聞かされたときに
上司の前で号泣した覚えがあります。


私が担当していた住宅メーカーさんからの依頼も無くなると思っていたけど
図面を描く仕事は途切れることなくもらえました。
手前味噌かもしれませんが
平日休日関係なく、時には深夜まで仕事に打ち込んだ結果がそうなったのかなと
今では思ったりします。


しかし経営悪化に歯止めがかからないこともあり、
その会社を辞めて住宅メーカーさんにバイトとして雇ってもらいました。



辞めてから15年近く経つけど、飲み会に誘ってもらえて
そしてなんといっても楽しかった。


なんか、仕事したくなったな(笑)





出産後、(ランチは除いて)夜の飲み会は4回目か5回目くらいかと・・・

今年は外にでる機会をたくさん作るという目標を掲げているので
いろいろ楽しみです003.gif

















[PR]
by mi2a | 2016-01-24 16:50 | 暮らし | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 休養日 くるみパン >>