女王の教室 <<チロにゃ編>>

あたしが

チロにゃよ
c0094358_1361039.jpg

最近、朝ごはんに海缶(←ウエットフード)出さないじゃないの。
なんでなのよ??カリカリばっかり・・・飽きるのよ。

・・・だって残すぢゃん・・・半分も食べないのに・・・
[PR]
# by mi2a | 2006-10-18 01:39 | チロにゃ | Comments(4)

パパビートに行ってきました♪

15日(日)、八王子のライブハウス『パパビート』に行ってまいりました。

ドルフィン・カフェは今回も沢登さんのサポートを務めます。

まずはドルフィン・カフェとしてのライブ。
なんと・・・アコーディオンの三郎さんがゲストで登場!!
c0094358_23533985.jpg

その後、すぐに沢登さんのサポート演奏です。う~ん、忙しい!
ドルフィン・カフェ&三郎さんが加わって、すんごく豪華な演奏でした^^
22日(日)に甲州市で開催される『およっちょい祭り』の本番を観ているような・・・?
c0094358_2359741.jpg

私がパパビートに行くようになって、昨日で4回目・・・5回目だったかな??
パパビートに限らず、未だにライブハウスは緊張するんだなぁ・・
(演奏するわけじゃないっちゅーのに)。
でも最近はドルフィン・カフェの竹やん&マサと同席したり、
竹やんママにも親切にしていただいて、ちょっとはリラックスできている模様。
感謝☆感謝です。
これからも、応援していくからねー♪
[PR]
# by mi2a | 2006-10-17 00:28 | 音楽 | Comments(14)

配水管清掃

今日は年に1度の配水管清掃がありました。
各戸の洗面・浴室・キッチン・防水パンの配水管を清掃してくれます。

チロにゃと暮らすようになってからは、初めての清掃。
チロにゃは来客は苦手でして・・・今まで修理といえば、担当の人は一人で
来ていたのですが、今回の清掃は少なくても二人。
多いときは3人来ていました。

ピンポーン・・・と鳴って、まず1ビビリ。
ガチャっとドアが開いて、2ビビリ。
「失礼しまーす」と部屋にあがって、3ビビリ。
その後、部屋にシートをかけたりバケツを持ってガヤガヤしたら
チロにゃのビビリはMAX。おーまいがー、である。
いつもはさっさと寝室に移動するのだが、ソファ下で動けない状態。
これはまずい、と抱っこしたら・・・ウギャ~~~~と大暴れをして
なんとオシッコしちゃったのぉぉ(T_T)
Tシャツ&ジーパン&フローリングを汚されまして。
手を洗おうと思ったけど、清掃中で水道はふさがってるので
とりあえずフローリングを専用シートでふきふき・・・。

その間、ベッドの下でいじけるチロにゃ
c0094358_16225653.jpg

清掃は15分くらいで終わり、静けさが戻ってくるといつの間にか
リビングにきてリラックス。
c0094358_16271336.jpg

ビビリ街道まっしぐらのチロにゃであった
[PR]
# by mi2a | 2006-10-15 16:30 | 暮らし | Comments(6)

BOBBY CALDWELL

18歳の頃からずっとボビーコールドウェルが好きである。
いわゆる「AOR」というやつにハマったんだな。
ボズスキャッグスも好きだったけど、なんといってもボビーが
たまらなく好きだった。
初来日のコンサートは興奮&鳥肌もん。
最近はブルーノートで演奏することが多いみたい。
c0094358_23455323.jpg

好きになったきっかけは、たばこ(パーラメント)のCM曲だ。
鼻にかかったような声、夕暮れ時に聴いたら泣きたくなるような曲調・・・
私のハートをわしづかみである(笑)

秋の夕暮れ時には必ずボビーを聴く。
ここ最近はアルバム「イブニングスキャンダル」をよく聴いている。
(本国では1980年に発表され、日本では10年後の1990年に発売)
c0094358_23572990.jpg

この中でボビーの出世作と言っていい『WHAT YOU WON’T DO FOR LOVE』。
この曲が大好きだ。
シンクライクトーキングの佐藤竹善さんがカバーをしているが
それもまた違った味わいで、こちらも好きだ。

そういえば先日、車のCM曲にボビーの唄が使用されていて
なんだか嬉しくなった。
ボビーさん、今年で56歳!!
まだまだ唄い続けてね♪
[PR]
# by mi2a | 2006-10-15 00:14 | 音楽 | Comments(0)

演奏するということ

数日前のニュースで・・・
障害を持った人たちの演奏会の模様が映りました。
確かNPOの主催で、予選を通った何組かが本選に出られると
いうものだったようで、その本選の様子が流れていました。

本選で和太鼓を披露した大学生の男の子がピックアップされており、
短い時間ではあったけど、インタビューもありました。
その男の子は幼少の頃に網膜はく離で視力を失ったそうです。
そして学校の授業で和太鼓を演奏する楽しみを知り、大学を卒業しても
和太鼓の演奏を続けていくと言っていました。

自分で曲も作り、10数曲ほどオリジナル曲があるとのこと。
本選では『ダッシュ』という曲を披露していました。
『ダッシュ』というタイトルには「卒業して音楽の道でがんばっていくんだ」という
思いが込められているんだそうです。

インタビューの最後の言葉は・・・
  「演奏に、障害は関係ないですから」

活字にしてしまうとなんだか味気ない言葉に聞こえるけど、
この言葉を言っているときの彼はすがすがしい笑顔^^
思わず心の中で「がんばれ!」と言ってしまった私でした。
[PR]
# by mi2a | 2006-10-14 00:56 | えとせとら | Comments(2)